NEWS!

注目記事!!


■ゴルファーの熱中症
ゴルファーは、炎天下に長時間出るので、熱中症に注意が必要です!しっかり対策を!!

■関節について
体を動かす=関節を動かすということ。 関節が正しく滑らかに動くことがゴルフ上達には必須条件です。

■背筋痛(肩甲骨)
ゴルファーに意外と多い背筋痛。肩甲骨周辺が傷むことも多いです。

整体師より

私は整体の仕事をして20年位になります。
いろいろな患者さんを診てきましたが、ゴルフ障害など、スポーツで体を痛めた方が多くいらっしゃいます。スポーツ障害の患者さんの多くは姿勢に問題があります。
私自身もゴルフを始めた頃に手首や膝を痛めた経験があります。


ウッドを持って、手首と肘を動かさないようにして体を回す。

自分の体が、どのくらい歪んでいるのか、チェックしてみましょう。 こんなことに心当たりありませんか?

  • 肩の高さが違う。
  • 首を回すとき、左右でやりにくい方がある。
  • アドレスのとき、重心がしっくり来ない。
  • ゴルフボールが真っ直ぐ飛ばない。
  • 練習後に肩や腰が痛くなる。

体の中心の筋肉(インナーマッスル)を鍛えると、体のぐらつきが無くなり、スイングが安定します。 ゴルフ障害も起こしにくくなります。
簡単な体操なので、毎日少しずつ続けましょう!


詳細はこちら
料金
詳細はこちら
無痛バランス療法の鈴木薬手院