スポーツ障害が起こるメカニズム

スポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ外傷とは、スポーツ中に転んだり、他の人とぶつかったりして、瞬間的に強い外力が加わることにより起こる怪我のことをいいます。

〔スポーツ外傷の例〕

  • 骨折、脱臼
  • 打撲
  • 突き指
  • 捻挫
  • 肉離れ
  • 靭帯損傷
  • 半月版損傷

 

一方、スポーツ障害は、走る・跳ぶ・投げるなどの動作を繰り返し行うことにより、骨や靭帯や筋肉が疲労して起こる怪我のことをいいます。

〔スポーツ障害の例〕

  • オスグッド・シュラッター病
  • ジャンパー膝
  • 野球肘、テニス肘、ゴルフ肩、ゴルフ肘
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折

 

スポーツ障害は、使いすぎ(オーバーユース)に起因することが多い怪我です。
繰り返しの動作により、身体の一部分に負担がかかるために起こるのです。

成長期の子どもが、膝下に痛みを訴える「オスグッドシュラッター病」は、成長痛とも言われますが、これも使いすぎや偏ったからだの使い方によって起こるスポーツ障害です。

体育会系の部活で無理をして、テニス肘やジャンパー膝(膝外靭帯炎)などのスポーツ障害をを起こす人も多いです。

しかし、スポーツ障害は若い人に限って起こるものではなく、どの年代でも発症します。
そして、一生懸命練習をする熱心な人にこそ多い怪我です。

スポーツを楽しく長く続けるために、身体の自己管理をしっかりと行いましょう。

  • スポーツの前後に、しっかりストレッチや体操を行う。
  • スポーツ後に疲労がたまっているところは氷で冷やす(アイシング)。
  • 身体の使い方を見直す。(姿勢やフォーム、男女の身体のつくりの違いや年代の違いも意識する)
  • インナーマッスルを鍛える。
  • 食生活に気をつけ、睡眠を十分にとる。

 

怪我がクセになっている人は要注意

一度怪我をしたところは、再度怪我をしやすくなります。
怪我は、しっかりと治してからスポーツを再開しましょう。
また、怪我をするとその周辺の筋肉や靭帯が緩みます。適切なリハビリを行い、ぶり返さないようにトレーニングをしましょう。

同じところを何度も繰り返し怪我するということは、その部分に不自然な負担がかかっている証拠です。

体のバランスが崩れてたり、身体の使い方が間違っていると、身体の一部分に負担がかかりますし、正しいフォームが出来ずにスポーツが上達しないばかりか、身体を痛めてしまうことになります。

例えば、スポーツをした後に腰が痛くなる場合、腰に負担がかかる動きを多くしているということです。たいてい、右か左のどちらか側が痛くなると思います。

腰が痛くなるからといって、腰の動きが間違っているというのではなく、重心が右か左にずれている為に腰に負担がかかっていたり、腰の筋肉のどちらかが緊張していたりするのです。

そういう人は、スポーツをするときに限らず、普段の生活でも身体が歪んでいます。

腰に負担がかかる生活習慣を続けていると、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になりやすく、激しい運動をすると、脊椎分離症を起こし、すべり症に発展してしまうこともあるので注意が必要です。

関節の遊びについて

正常な関節の運動を考えると、全ての関節において運動機能が正常に機能するとき、骨格・筋肉・神経・血管・組織の機能が正常な働きを保ち、スムーズに同調しながら作用するのです。

主な動作は、 スポーツすることにおいて運動動作で、
・踊りやダンスの様な華麗な動き
・野球のバッターの様に自分の方向に向かってくるボール(球)を打ったりピッチャーのボールを受け止める
・サッカーの様に止まっているボールを蹴ったり 止める
・ゴルフの様に、止まっているボールに力を与える

などです。

これらは、関節の持つ ”遊び” の作用がボールを受け止める時の緩衝作用として働きます。
これらの動きが出来るのは、正常な関節の機能があるからなのです。

関節の”遊び”が正常に機能が出来ないと、関節は緊張を起こし、脱臼や骨折や捻挫を招いたり、障害を引き起こしやすくなります。

正常の ”遊び” は、筋肉の作用が正常に働き、また関節の運動も正常な範囲で作用する事で生み出されるのです。

HOME
詳細はこちら
料金
詳細はこちら
無痛バランス療法の鈴木薬手院