健康のために始めたはずのゴルフで、体を壊すなんて・・・

なかなか上達しない

歩き方はどうですか?

ゴルフの基本はアドレスですね!!
アドレスの基本は立位の姿勢が大きく関与します。有名なプロゴルファーの方の多くが歩行が華麗です。歩行がゴルフのスイングに関係があるからです。

まず、自分の身体をチェックして見ましょう。
普通に歩いているところを、ビデオを撮影して下さい。
・背中を丸めて歩行していないか
・肩が前に巻き込んでいないか
・アゴを前に出して歩いていないか
・歩行時の足の上がりはどうか
・歩行時の腕の動きはどうか

歩行の1歩目はテイクバック、二歩目はフィニッシュの姿勢に当たります。
ですから、歩行の姿勢がキレイな人は、スイングもきれいなのです。

石川遼選手が、タイガーウッズ選手の歩き方に注目して、「タイガーウッズの歩き方がキレイ」とコメントしたのは有名ですね。
「腰から頭のてっぺんまで一直線。前かがみではなく背骨が地面と垂直の状況で前へ進んでいるよう。」
だったそうです。
そして、スイングの時も、その姿勢は崩れないことに注目し、じっくり観察していたとのこと。 

手先でスイングしていませんか?

正しい位置のアドレスをカラダに染み付ければ、テイクバックからクラブを元の位置に戻すだけでボールが当たるのです。

しかし、ゴルフのクラブが細く軽いので、つい手先を使ってしまいます。また、ヘッドがいびつな形をしている為に先端が安定しづらいのです。
先端が安定した錘だったらスイングは簡単でしょうね?
でも、クラブがいびつの錘でなければ、ボールを遠くに飛ばすことが出来ないのです。

いびつの錘であるヘッドを正しく動かすには、クラブを持っている五角形(手首・肘・肩)を崩さないことが大切です。
その為には、手先ではなく、体幹を原動力にする事です。

体幹を主導にする為には、アドレスの時にワッグルや小さな足踏みをしながら行うことが大切です。両足の体重の乗せ方、骨盤の傾斜、肩の緊張など、身体の軸が真っ直ぐになっているのを確かめましょう。
それを行わないと、運動神経は手先の方への神経が大半を占めていますので、手から動かす習性(脳)があり、手首を先に動かしてしまいがちです。
手首を先に動かすとアドレスの位置に戻す事が大変なのです。

アマチュアのゴルファーの多くは、手先が主導でスイングをします。
私も最初は、手首が始動で動かしていました。
確かに、うまくヘッドに当たると飛びますが、失敗も多くなります。

グリップのにぎり方は?

一番の問題がグリップの握り方です。
グリップの握り方でコックの方向が決まります。

もし、悪い握り方をしていればスイングに問題が出ます。

アドレスの時の縦の手首の動きは問題ないですが、横に動かしたとき、手首を傷めやすい動きになります。

また、手首の角度が悪いと肘に力が入りやすく、スイングを複雑にしますし、肘のトラブルに繋がります。

グリップした時の手首の角度を適切にするには、アドレスの時のボールとの距離がポイントです。クラブの長さによって、立ち居地も変わりますので、常に最適な角度を保てるように身体に覚えさせましょう。

体幹を鍛えよう!

体幹の大きな筋肉の動かすには、大変なエネルギーを使います。
しかし、大きな筋肉は覚えるのに時間がかかりますが、一度覚えると忘れない(同じ動作ができる)メリットがあります。
日常使わない筋肉ですので、体幹の筋肉を動かす事に慣れていない方が多く見受けられます。長く末長くゴルフを続ける為には、体幹を動かす運動をしましょう。

難しいからゴルフは飽きないのです。達成感があるのです!

HOME
詳細はこちら
料金
詳細はこちら
無痛バランス療法の鈴木薬手院