ゴルフ肘

ゴルフ肘の人の悩み

  • スイングすると両肘が痛い
  • マットにクラブをゴンゴンぶつけた後、肘が痛くなった
  • フィニッシュ時に肘をたたむとき激痛が走る
  • 自己流のフォームで練習をしていたら肘が痛くなった
  • 合わない重さのクラブ(重め・軽め)を使っていたら肘が痛くなった

肘を痛める人のスイング

  • 肘の抜けが悪い
  • 肘がつっぱっている
  • 手首の角度が悪い

 

ゴルフ肘とは?

上腕内側上顆炎のことを、通称ゴルフ肘と言います。

良く聞くテニス肘も、ゴルフ肘と同じスポーツ障害ですが、ゴルフ肘とは逆で、外側上顆に炎症を起こした状態です。

安静にしているときはほとんど痛みはありませんが、特定の動きをすると、肘の内側に疼痛(ズキーンと痛む)が生じたり、内側上顆部を押すと、痛んだり不快な感覚が生じます。

ゴルフ肘は、上腕(肘から先)の筋肉の緊張により、上腕骨内側上顆に負担がかかって起こるのですから、肘から先の動きが大きく影響します。

肘関節の動き

肘の関節は、蝶番関節(曲げる関節)と、車軸関節(ねじる関節)があります。
特に車軸関節はゴルフスイングの時の重要な微細なハンドル的な存在です。野球では、投手がカーブを投げる時に使う関節です。 テニスや卓球の時の変化球の時にも使います。

肘の曲げ伸ばし

・上腕二頭筋
・上腕三頭筋

・蝶番関節

蝶番関節

肘を捻る

・上腕二頭筋(回外)
・腕橈骨筋(回内)
・円回内筋(回内)

・車軸関節

※肘の脱臼は、この車軸関節が外れることによります。

ゴルフ肘は手首が原因?

ゴルフ肘の炎症を起こす上腕骨内側上顆部は、指や手首を曲げる筋肉(橈側手根屈筋、尺側手根屈筋)、肘を曲げたり内側に捻る筋肉(円回内筋)の付け根にあたる部分です。

手首をひねる動作(ドアノブをひねるような動作)は、手首の関節の動きだと思われがちですが、肘関節と連動した動きです。試しに、手首を逆の手で握っててこの動作を行ってみてください。握った手も一緒に肘から捻らないとできないのがわかりますね。

指や手首の動きと、肘は連動しているんです。

ですから、手打ちのスイングをするゴルファーに、肘の故障が多いです。

ゴルフのスイングでは、手首はほとんど動かさないのですが、腰の回転や肩の動きが悪いと、どうしても手首を使った、“手打ちのスイング” になってしまいます。

 

:::::: 肘の位置が大切 :::::

肘の位置も重要です。肘が適度な角度でないと、肘の関節がきちんと動かないので、手首、肩にまで影響します。

  • 肘が突っ張っている…肘が回転できないので、手首と肩で無理やり回転させることになります。
  • 脇が開いている…最悪のパターンです。ショットが安定せず、手首を使ったスイングになってしまいます。
  • 肘を締めすぎている…肘を体にぴったりとつけるのは締め過ぎです。やってみればわかると思いますが、これでは腕が動きません。肘から先だけの小さなスイングになってしまいます。

肘のベストポジションは、縄跳びをする時の角度です。縄跳びする時は、肘から先がくるくるときれいに回りますね。
脇はしまっていますが、肘は体から適度に離れています。
しかも、両手が同じ位置で均等に動いています。ゴルフでもこれが大切なんです。
肘の位置はどうだったかな?と思ったら、縄跳びの姿勢を思い出してくださいね。


スイングは、肘から先の動きがポイント!

スイングする時、両肩とグリップの三角形を崩さないようにするのが基本ですが、肘から先は大きく回転しています。
ボディーターンと三角形を崩さない事を意識し過ぎて、腕を固定してスイングすると、手首・肘には相当の負担がかかりますし、飛距離も出ないスライス気味のボールになります。

 

::::: 肘から先の正しい動き :::::
テイクバックは肘から下を右に回し、フォローでは左に回します。

 

クラブを持たずに、手のひらを合わせて行ってみるとイメージしやすいと思います。

 正しい動き

手のひらが裏返る感じです。
この動きは、ひじ関節の動きです。

× 間違った動き

肘から先を回転せずに、手首だけを動かしています。
この動きは、手関節(手首の関節)の動きです。


肘から先をきれいに回すには、少し肘にゆとりをもたせることが必要です。
脇を締めすぎると肘がうまく回らないですが、開きすぎると肩関節を痛めます。
さらに、手首の角度が悪かったり、手首に余計な動きが加わると、肘はうまく回転することができません。
柔らかい感じでアドレスをとり、ボディターンよりも腕を振る感じで練習すると良いでしょう。

HOME
詳細はこちら
料金
詳細はこちら
無痛バランス療法の鈴木薬手院