ゴルフ肩 スイングショルダー

スイングショルダーとは、ゴルフをしている人の肩の故障です。ゴルフ肩とも言い、肩甲骨の可動域が左右で差があるのが特徴です。

また、肩が痛くて上げられないという症状は、四十肩や五十肩と似ていますが、四十肩などの場合は、外旋方向への可動域の低下が見られますが、ゴルフ肩はこのような外旋方向への可動域の低下は見られません。

肩周辺には、大きな筋肉が8つあります。ゴルフのスイングをするときは、これらの筋肉が伸縮・収縮するのですが、この繰り返しによって筋肉に負担がかかって起こる痛みがゴルフ肩です。

 

ゴルフをする人の肩痛の悩み

  • テイクバック時に左肩が痛い
  • スイング時やフィニッシュ時に右肩が痛い
  • 練習直後は痛くないが、翌日に痛みが出る
  • しばらく練習を休むと治るが、スイングすると再発する
  • 病院へ行ったけれどよくならない

::::: 肩の筋肉 :::::

肩痛が起こるスイング

では、ゴルフをする人はみんなゴルフ肩になってしまうかというと、そうではないですね。
正しいスイングをしていれば、肩の痛みは起こらないのです。

正しいスイングとは、体の軸が安定し、腰の回転がスムーズで、左右対称の動きをしています。

多くのゴルファーは、腰の回転が上手く出来ないために、肩を必要以上に動かしてしまい、その結果、筋肉が痛んでしまいます。

さらに、ゴルフは左右対称の動きをするのが理想なのですが、それが左右不均等なスイングをしているために、片方の筋肉に負担がかかります。
ゴルフ肩の人の特徴である、肩甲骨の可動域が左右で違うというのは、スイングが左右均等に出来ていないということなのです。

また、もともと体にゆがみのある人は、左右均等な動きができません。
猫背の人は、肩が前に巻き込んでいるために、肩の可動域が狭く、本来のスイングができません。

肩にトラブルがでる人の体を診てみると、

  1. アゴの位置が違う
  2. 肩の位置が違う
  3. 鎖骨の骨の位置が違う
  4. 肩甲骨のうつ伏せになると凹凸がある

 

どれが1つでも当てはまれば、可動性に問題があります。
肩に限らず、体のいろんな部分に負担がかかりますので注意が必要です。

 

::::: ゴルフのスイングは、腕は上げない! :::::

下の写真を見て下さい。

まず、骨盤に傾斜をつけずに、直立してテイクバック、インパクト、フォロースルーの姿勢をしてみました。
どの姿勢も、腕は肩より上には上げていません。

①テイクバック

②インパクト

③フォロースルー
このまま、
骨盤に傾斜をつけます。
↓↓
   
   

これが、テイクバックの姿勢です。

実際のスイングのように、骨盤に傾斜をつけて同じようにやってみます。

①傾斜をつける
②テイクバック
③インパクト

フォロースルーは、テイクバックと同じ姿勢で左右逆のパターンで、フィニッシュはそのまま腰を伸ばした姿勢になりますので、やはり腕を上に上げているわけではありません。

股関節や腰が柔らかく、体が滑らかに回転することが出来れば、このような動きができ、肩に負担がかかりません。

五十肩、四十肩がある人のゴルフ

肩関節の構造上で腕を肩と水平な位置に挙げる時は、肘を回外にしないと挙がりません。アドレス時の肘の位置が大事で、間違った構えをしていると、関節が無理な動きをするために、肩や肘を痛めます。

肘の位置が悪いと

・肘が挙げにくい為に肩関節を痛めます。
・トップに行く途中で肘の関係で肩関節の可動性が制限されて小さなトップ(低いトップ)になります。
・肩関節が動かない(可動性の制限)のに上げる為に軸が傾きます。その為、トップで伸び上がりや肩のスエーなどが発生します。

ポイント
アドレスの時にバレーボールのレシーブの様な手の形で手首・肘・肩が均等に動く様にイメージして下さい。

HOME
詳細はこちら
料金
詳細はこちら
無痛バランス療法の鈴木薬手院