腰の痛み

ゴルファーに多い腰の悩み

  • 強いスイング(ティーショットのような力を込めた)後に腰を痛めた。
  • パターの時に腰が痛くなり集中できずに困る。
  • カップに入ったボールを取るとき、腰が痛くて曲がらない。足がつる。

腰痛の原因となるスイング

腰は「月」を取ると「要」です。体の中心であり、上半身と下半身のしわ寄せがきます。

腰を痛める原因は、直接腰を捻ったとかだけでなく、上半身、下半身の動かし方に問題がある場合が多いです。

こんなスイングしていませんか?

  • 猫背のアドレス ・・・ 腕が上手く回らないので、腰に負担がかかる。
  • 左右不均等のアドレス ・・・ 腰が上手く回せずに無理がかかる。
  • リバースピボット(バックスイングの時に左足に体重がかかり、フォロースルーの時に右足に体重がかかる) ・・・・ 体が左に傾き、腰が反る。
  • 逆Cのフィニッシュ(フィニッシュの時、腰を反らせる) ・・・・ 右肩が下がりやすく、スイングの時の腰の回転に問題あり。(スライスにもなりやすい。)

 

また、飛距離を出そうと力任せにスイングをすると、体制が崩れ、腰痛になりやすいです。

力の入ったスイングと、力任せのスイングは全く違うものです。正しいスイングが出来れば、自然と力が入るのです。飛距離が伸びない人は、スイングをきちんと見直してみましょう。

 

腰痛持ちでも楽しくゴルフをするために

ゴルフで傷めた場合も、もともと腰痛持ちである場合も、きちんとケアをすることによって、腰痛を予防し、ゴルフを楽しむことが出来ます。

腰に負担のかからない正しいスイングをすることが大前提ですが、次にあげることも心がけましょう。

(1)体の柔軟性を保つ(特に股関節の柔軟性が大切)

  • 腰からの大きな筋肉は股関節につながってるので、 股関節の柔軟性が腰椎の椎間板の負担を和らげます。
  • ゴルフの前後に、必ずストレッチを行う。相撲取りのような「しこを踏む」ストレッチが有効です。

 

(2)筋力を保つ

  • 腹筋背筋をバランスよく鍛えると、腰の負担を減らせます。
  • 腹筋を行う時は、仰向けに寝て膝を立て、おへそを覗き込むように行う。腰を反らないように。
  • 腹筋をしたら、背筋も必ず行うこと。

 

(4)体を休ませる日をつくる

毎日練習をして、早く上達したい気持ちはとても良くわかりますが、練習のしすぎは良くありません。適度に体を休ませましょう。

特に、ゴルフを始めたばかりの時は、楽しくて頑張ってしまいがちですので注意しましょう。スイングがまだ出来上がっていない時に練習しすぎると、体を壊してしまいます。

ゴルフは、長く続けられるスポーツですので、あせらず、じっくりと取り組んでください。

HOME
詳細はこちら
料金
詳細はこちら
無痛バランス療法の鈴木薬手院