筋力よりも柔軟性(ストレッチのすすめ)

肩(肩甲骨)と股関節の柔軟性

ゴルフ上達の為に、筋力トレーニングをする人が多いですね。

もちろん、筋力も必要ですが、それ以上に柔軟性が大切です。

肩と股関節の柔軟性が正しいスイングを作るのです。

練習の前後には必ずストレッチを行い、質の良いやわらかい筋肉をつけましょう。
筋肉が柔らかいと関節の可動性が広がります。

ポイントは、肩甲骨と、股関節、ハムストリングの3点です。

(1)肩(肩甲骨)

ゴルフでもっとも大きな可動性が要求される関節。肩甲骨が硬いと、トップやフィニッシュが十分に取れません。

(2)股関節
上半身の動きと密接な関係があり、股関節がやわらかいと大幹の動きがスムーズにコンパクトになります。

(3)ハムストリングス
太ももの裏の大きな筋肉。下半身の動きに重要な筋肉で、パワーの源になります。
ハムストリングスが硬いと、アドレスが後傾になり、うまく体重移動ができません。

柔軟性のチェック

【肩甲骨の柔軟性チェック その1】


壁に背中をつけて、手の甲を壁につけたまま上げていきます。

このとき、手や肘が壁から離れないように注意。

肩甲骨が柔らかいほど、手は上に上がります。

また、左右の手の上がり方に差があるかどうかもチェックしてください。

 

【肩甲骨の柔軟性チェック その2】

たすきがけをしてください。

上の手と下の手が握れるくらいの柔軟性があるのが理想ですが、指がふれるくらいなら、ぎりぎり合格。

全くとどかない場合は、柔軟性に問題あり。

また、左右でやり易さが違う場合も要注意です。


【股関節の柔軟性チェック その1】

座って、足の裏を合わせ、体の方に引き寄せます。

膝がどのくらい開くかをチェック。

また、左右の膝の高さが同じかどうかもチェックしましょう。


【股関節の柔軟性チェック その2】

膝を立てて座ります。足を肩幅に開き、両手は体の後ろにつきます。

片方の膝を内側に倒します。
このとき、お尻が浮かないように注意。

膝が床に着けば、十分に柔軟性があります。

反対側もやってみて、左右で柔軟性に差があるかどうかもチェックしましょう。


>> 次のトレーニングへ

HOME
詳細はこちら
料金
詳細はこちら
無痛バランス療法の鈴木薬手院