怪我を最小限にするために

ゴルフを長く続けられるように、ストレッチを習慣つけましょう。

プレー前のストレッチ

ラウンド前には、軽く体を動かして温め、必ずストレッチをしましょう。

準備体操を行わずに、関節が硬いままの状態で運動すると、組織を傷めます。
筋肉痛や腱鞘炎や筋肉離れなどは、関節の可動性以上に動かしたり、関節の形状に合っていない無理な動きをしたために起きる障害です。

関節を「なめらか」に使う為には関節の可動性を広げる事が大切です。スイングがスムーズになり、スコアUPに繋がります。

最低限するべきストレッチは、股関節のストレッチです。
股関節は人体で最大の関節であり、アドレスで前傾姿勢の時に負担が来る場所でもあります。

ゴルフで大きなスイングをするには、股関節の可動性が決め手です。
ゴルフのスイングが綺麗な人は、股関節がやわらかく、可動域が広いのです。

また、股関節がスムーズに動くと足の関節も柔らかくなります。
腰や股関節の外側を痛める方の多くが、足首が硬い方です。骨盤を支える筋肉がうまく使えないために重心が前方に転位しているのです。

オススメのストレッチは、相撲取りの「四股・しこ」のポーズです。股関節や腰の筋肉をほぐします。 体の中で一番大きな股関節をやわらかくすることで、他の関節の可動域も広がっていきます。
身体が硬い方は、まず、股関節を意識したストレッチを行いましょう。

長くゴルフを続ける為には股関節の可動性を広げることが大切です。

ゴルフでよく使う関節

肩関節(球関節)、肘(車軸関節)、手首(楕円関節)、親指(鞍関節)、仙腸関節(半関節)、股関節(臼状関節)、膝、足首(ラセン関節)

 

プレー後のストレッチ

運動後のストレッチは、活発に動いた後の身体を徐々に普通の状態に戻す目的と、疲労を早期に解消する効果があります。

筋肉は使うと硬くなる(収縮する)のですが、ストレッチをすることで筋肉がほぐれ、血行が回復します。
やわらかい良質な筋肉を作るには、運動後のストレッチは欠かせません。
筋肉が硬いままだと、関節の動きが悪くなり、“鍛えているのに硬い体”になってしまいます。関節の可動性が悪いと怪我にもつながりますので、やわらかい上質な筋肉をつけるようにしましょう。

また、運動後に適切なストレッチやマッサージを行うことにより、筋肉痛も軽減されます。

 

 ストレッチで気をつけること

  • 無理に伸ばさない・・・痛くなるほど無理に伸ばすと、筋肉や腱を傷めます。伸ばして気持ちよく感じるくらいのところで止めて、ゆっくりと伸ばしましょう。はじめは、無理のないストレッチから行い、少しずつ可動性を広げていきましょう。
  • 温まった状態で行う・・・ストレッチの前に、軽い運動をして、身体が少し温まった状態で行うと効果的です。入浴後のストレッチも柔軟性を高めるのには効果的です。
  • 呼吸を止めない・・・ストレッチをするときは、息を止めずに行います。息を止めると身体が緊張状態なるので効果が上がりません。リラックスして、ゆっくりとした呼吸で行いましょう。
  • 反動をつけない・・・動作に入る時は反動や弾みをつけないこと。弾みをつけると、本来のストレッチの効果がないばかりか、筋肉を傷めます。

>> 次のストレッチへ

HOME
詳細はこちら
料金
詳細はこちら
無痛バランス療法の鈴木薬手院