歪みの矯正バランス体操

試しに、たすきがけをしてみてください。

左右でやりやすさが違っていると思います。

背中を痛める人は、上肢の筋肉の緊張が左右偏っているためです。

 


【上半身(背中・背筋)をそろえるストレッチ】

まず、普通にバンザイをしてください。

手の上がり方が左右で違うので、短い方の手(上げずらい方の手)をチェックします。

※無意識にバンザイをしてから、鏡を見てチェックしましょう。
※わかりずらい時は、何度かバンザイをしなおしてみてください。


短い方の手を上げるところから始めます


短い方の手を上げます。
反対の手で、手首を握ります。


握った手の側に体をゆっくり倒します。
そのまま、3呼吸。
体を元に戻し、手を下ろします。


逆の手を上げ、反対の手で手首を握ります。


手首を握った方側へ体をゆっくり倒します。
そのまま、3呼吸。
体を元に戻して、手を下ろします。

体操のポイント

  • 横に倒す時、体をねじらないようにしましょう。体の横のプレーン(前頭面)に沿って動かします。無理に倒そうとすると体が捻れるので、わき腹を伸ばす感じでやってみましょう。
  • 出来れば、ご家族の方に見てもらいながら行いましょう。
  • 体操の順番を間違えると逆効果になりますので、どっちの手が短いのかをきちんとチェックしてから行っていください。左右1回ずつで1セットです。必ず、両方やってください。
  • きちんとした動作が出来ていれば、2セットの体操で十分です。回数を多くやるよりは、動作を正確にすることのほうが大切です。
  • ゴルフの練習の後に、正確にメリハリをつけて行いましょう。

 

体操をして、かえって体調が悪くなった場合は、体操の方法が間違っていますので、行わないようにしてください。(手術をしたことのある方や、骨に変形のある方は、行わないで下さい。)

 

>> 次のトレーニングへ

HOME
詳細はこちら
料金
詳細はこちら
無痛バランス療法の鈴木薬手院